【車の油膜とり】フロントガラスがすごくキレイになった

雑記

車の運転の時に思い出し、降りると忘れてしまう地味な悩み。。。
フロントガラスの油膜です!
使った商品がすごくよかったので紹介したいと思います。

購入した商品

調べればなんでも分かる時代です。評価の高い商品を選びました。

プロスタッフ 油膜被膜専門クリーナーキイロビン120

油膜被膜専門クリーナーキイロビン120 です。
本当はキイロビンゴールドが欲しかったんですが、行ったホームセンターにありませんでした。

本体の裏にスポンジが付属されています。
かなりの定評があります。

ちなみにキイロビンゴールドは2倍のスピードで油膜除去できる後発商品です

クリンビュー

キイロビンの横にあったクリンビュー。
キイロビンはコーテイング前の下処理として。クリンビューはコーティング?として買いました。

こちらも車の仕事をするドライバーなどに定評があり、昔からある実績の長い商品のようです。

用意したもの

・キイロビン120
・クリンビュー
・マイクロファイバークロス
・バケツ
・霧吹き

・所要時間 30分程度

作業開始

作業場所は共同の駐車場なので周りに配慮したやり方になります。
それではやってみます。段取り八分 仕事二分です。

1.霧吹きで水を吹きかけ、ガラス面の汚れを綺麗に落とします。

汚れを落とそうと思い、力をこめるとキズがつくので気を付けましょう。

油膜をあらためて確認。
とくにワイパーの跡が気になっていました。。。

2.キイロビン付属のスポンジを軽く濡らし、キイロビンをたらします

フロントガラスに直接つけても平気です。

3.縦と横にスポンジを動かし油膜を取り除いていきます。

キイロビンが足りないと感じたら追加していきます。
水は直接ガラスに霧吹きをしながら調整していきました。

油膜によりはじかれる様子

最初は油膜がついているため、画像のようにキイロビンが油膜ではじかれしまいますが
繰り返しスポンジをあてていくとはじかなくなります。

油膜がとれた様子

油膜とれた!と見てわかります笑

あとはマイクロファイバークロスで拭き上げ、すすぎ、を繰り返してキイロビンがなくなるまで拭き上げます。

運転中は左右に目を動かすことが多いので、横方向に拭き上げていくのがいいみたいです。
(縦にキズがあるより横にキズがあるほうがまだ見やすいという考え方)

助手席側のみ終わったときに全体に霧吹きをかけて運転席側と比べてみました。
油膜がとれていることがよくわかります。

仕上げ

運転席側も終わりこの状態で終了でもいいんですが
ここでクリンビューを使い仕上げとします

良く振って、ガラスかマイクロファイバークロスに吹き付け、拭き上げるだけです。
曇り止め効果がありますので車内側にもおすすめです。

作業終了

視界がかなりよくなりワイパーの音も少し静かになりました。
時間がかからないうえに成果が大きくて、楽しかったです。

良い商品に出会えて感動です。(昔からある商品みたいですけど。。)
油膜にお悩みならぜひ!

タイトルとURLをコピーしました