農業用やリカバリーツールとして 加工可能な不整地に敷く敷板Diban

農業関係
参照:(株)ウッドプラスチックテクノロジー

足場の悪い地面に敷いて移動力を向上させる敷板。建築現場などで使われるものは結構な値段がする上に、専門業者でないと設置ができません。
今回は一般人にかなり身近になった敷板をご紹介します!

養生敷板Diban(ディバン)

参照:株式会社ウッドプラスチックテクノロジー

農業用の敷板があるのはご存じですか?

農業用途で使う範囲に適した敷板です。
軽いことや、安いことがメリットになります。

鉄でできている敷板(敷鉄板)はサイズや厚みにもよりますが、1枚500㎏程度したり。。。
クレーン付きのトラックを搬入させ設置する必要があったり (作業資格者1名必要) 。。。

??? 全然現実的じゃない!

養生敷板Diban(ディバン)とは

ポリエチレンと木質バイオマスによる複合素材 ウッドプラスチック を使用した敷板です。
写真はメーカーから頂いた縦13cm×横18cmほどのカットサンプル品。

鋸やドリルでのカットや加工ができるので
DIYやイベント。林道でも使い道がありそうです。

購入はこちらから↓

防草シート・敷板|通販で買うビニールハウス・パイプハウス・農業資材
通販で買うビニールハウス&農業資材

養生敷板Dibanの魅力

Dibanの魅力を4つご紹介します。

養生敷板Dibanの魅力1 軽い!

Dibanはサブロクバン(畳1枚分)が約15㎏。シハチバンが約27㎏と軽量です。
そのため持ち運ぶことが可能でトラックが入れないようなところにも設置することができます。

サイズは2種類。尺貫法を取り入れたサイズになっています。
910×1820mm 3尺×6尺判(サブロクバン)
1219×2438mm 4尺×8尺判 (シハチバン)

養生敷板Dibanの魅力2 頑丈!

軽トラックから2トン車程度まで大丈夫です。
地盤や使用状態により異なります。

例えば平らなコンクリートの上で使った場合はどんなに重いものが載っても割れないことが考えられます。
逆に大きな窪みや凹凸があるところで使い続ければ割れることが想定されます。
あくまで目安としてご理解ください。

養生敷板Dibanの魅力3 低価格!

用途を農業用にすることで低価格を実現しています。敷き鉄板に比べると歴然!

養生敷板Dibanの魅力4 CO2排出量削減

メーカーさんは東京大学の研究結果を実用化した
(株)ウッドプラスチックテクノロジーです。

Dibanの素材は
プラスチックと木屑(きくず)を混ぜてつくったウッドプラスチックです。
優れた強度を実現しリサイクル活動に貢献しています。

ホームページには参考資料があり分析結果からCO2排出量が削減できることを説明しています。

内容は
4つの試験素材(パレット)をつくる

製造~破棄までの基本的なシナリオをつくる

単位、計算表をつくる

結果、結論
ウッドプラスチックは
二酸化炭素の排出量を削減できる試算になったという資料でした。

詳しくはURLのリンク(株)ウッドプラスチックテクノロジー から 技術紹介のページで確認ができます。

防草シート・敷板|通販で買うビニールハウス・パイプハウス・農業資材

まとめ

建築現場などで求められる耐久性はありませんが、その分価格も抑えられているので
目的に合えばすごく理想的です!
CO2削減に貢献できて地球にやさしいのもうれしいポイントですね!
ホームページに詳しい内容や動画もありますので是非ご確認ください。

防草シート・敷板|通販で買うビニールハウス・パイプハウス・農業資材
通販で買うビニールハウス&農業資材
タイトルとURLをコピーしました