【厳選】ビニールハウスを作る時に必要な工具【おすすめ工具】

農業関係

ビニールハウス(パイプハウス)は自分で作ることも可能です。
その際にどんな工具や道具が必要になるか紹介します!

必要な工具一覧

  1. 金づち (とんかち、ハンマー)
  2. 大きな金づち (大型ハンマー)
  3. スコップ
  4. 金ノコ 
  5. プライヤー (ペンチ)
  6. スパナ
  7. プラスドライバー
  8. 電動ドライバー (なくても可)

1つとっても様々な商品がありますので
特にオススメなものを紹介します。
これを選べば作業時間や作業ストレスがなくなります。

1.金づち

おすすめは 玄翁(げんのう) になります。

使用頻度が一番多くなります。パイプが交差する部分。接続する部分に使います。

片方が平らで、もう片方が滑らかな曲面になっている 玄翁 は
釘を打つ際に使い分けることになっていますが

両側どちらからでも打ち込めることは、作業をする際にとても重宝します。

300g~400gの玄翁をオススメします。
丸型と八角形がありますが好みで問題ありません。

片方がくぎ抜きだと、作業性が悪いです。

2.大きな金づち

オススメは0.9kg以上の金づちになります。

地面に下穴をあける場合や、アンカー杭を刺しこむ際に使用します。
パイプが変形するので注意が必要です。

地中に穴をあける便利な道具はこちらでも紹介しています。

3.スコップ

オススメは万能刃付スコップです。

こちらはアグリジャーナルの「次世代農業2019、気分アゲITEM」でも紹介された注目商品です。

刺さり抜群で、根切り可能。
踏み台もしっかりあって
土離れが良い。
農業用スコップの最終形です。

ステ張りフィルムを地面に埋める際に使用します。

4.金ノコ (金切ノコギリ)

パイプを切るため、刃先の目が細かいものがオススメです。

主にハウス妻面(出入口面、突き当り面)の支柱を作る際に使用します。

かまぼこの形をしたアーチパイプに
支柱パイプの長さを合わせ カットします。

刃先の歯数が24山や34山あるものを選びましょう。(約25mmに対する歯の数)
24T、34Tと記載されています。

こちらは24Tで取手も握りやすくオススメです。

パイプカッター

また、パイプを切る専用工具があります。

パイプに締め付け、回してカットします。
場所や姿勢に関係なく、安全正確に切れることがメリットになります。

5.その他の工具(プライヤー、スパナ、プラスドライバー)

値ははりますが一度しか買わないものですので

信頼あるメーカーのセット品を買うことをオススメします。

プライヤー、スパナ、プラスドライバーは
妻面部分や、巻上本体。引戸の場合などに使います。

KTC SK34010PS

製品の品質の高さに定評がある京都機械工具株式会社
SK34010PS」は2020年 DIYのベーシックモデルです。
KTCならではのクイックスピンナが付属され、厳選された抜かりないセット内容です。

貫通ドライバーなので、普通のドライバーに比べ
打ち込みに使った際の手応えが全く違います。

TONE コンビネーションツールセットK600

様々な工具があることや、価格か良心的なTONE株式会社
安いから悪いという訳では決してなく、プロでも使っている人が多いです。
トネは何といってもビットラチェットセットです。
ビットラチェットセットが含まれた「コンビネーションツールセットK600」は
狭いところの作業もやりやすくなります。

最後に

セット品の工具は値が張るんですが

バラバラに買っていくと統一性がなく、分かりづらくなくしやすくなります。

私生活の中で使う場面もでてきますし
急に必要になるのが工具ですので、メーカーが考え抜いたセット品が本当にオススメです。

工具は何度も買うものではありませんので、世間から評価が高い物。を買うのがおすすめです!
使いやすい工具に巡り合えたら幸いです。ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました